2018/4/23 発売予定 

西洋骨董鑑定の教科書

西洋骨董鑑定の教科書
欧米で大ベストセラー!約1700点の写真で読む、骨董教本の決定版
本書は、欧米で大ベストセラーとなった書籍の待望の翻訳版。陶磁器や家具、ジュエリーからテディベアなどの骨董品の真贋の見分け方を、人気鑑定家、ジュディス・ミラーが解説します。骨董鑑定のコツを通じて、装飾美術工芸品の歴史や技法について学ぶことができる、全く新しいタイプの美術の教科書としてもお楽しみいただけます。
著者:ジュディス・ミラー 日本語監修:岡部 昌幸 日本語版監修協力:河合恵美 訳者:大浜千尋
Format:B5判変型
Size:250×188mm
Pages:240Pages (Full color)
Binding:ソフトカバー
ISBN:978-4-7562-5035-3 C0072
発売元 パイ インターナショナル
定価 (本体3,600円+税)
ネット書店で購入する
ジュディス・ミラー(JUDITH MILLER):イギリス出身。アンティーク・エキスパート。1979年に、国際的大ベストセラー『Miller's Antiques Price Guide』を共著として刊行して以来、これまでに100冊以上もの著作がある。数々のテレビ・ラジオ番組への出演に加え、新聞・雑誌への定期的な寄稿など、イギリスやアメリカの幅広いメディアでも活躍。BBCの人気長寿番組「アンティークス・ロードショー(Antiques Roadshow)」に専門家として出演していることでも知られる。

岡部昌幸:早稲田大学第一文学部美術史専攻、同大学院で学ぶ。現在、群馬県立近代美術館館長、帝京大学文学部史学科教授。ジャポニスム学会元理事長。西洋近代および日本近代美術を専攻。特に世紀転換期のアメリカ美術、アール・ヌーヴォー・アール・デコ、ジャポニスム、写真史、近代日本画などを研究。美術史家。主著に『写真で見る江戸東京』(共著、新潮社)、『ジャポニスム入門』(共編著、思文閣出版)、『すぐわかる作家別アール・ヌーヴォーの美術』(東京美術)、『レンブラントとフェルメール』(新人物往来社)、『近代美術の都モスクワ』(東洋書店)、『迷宮の美術史 名画贋作』(青春出版社)、訳書に『エドウィン・アーノルド著 ヤポニカ』(雄松堂出版)など多数。「プ―シキン美術館所蔵イタリア・バロック絵画展」(1997年)、「生誕120年川端龍子展」(2005年)「ジャポニスムのテーブルウェア」展(2007年)の企画監修や、「もてなす悦び― ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会」展(2010年)の学術協力等、展覧会活動やギャラリー・トークなど啓蒙活動も多い。

河合恵美:一般社団法人 西洋アンティーク鑑定検定試験協会 代表理事。上智大学文学部仏文科卒業、美術館勤務を経て渡仏。パリ日本文化会館にて勤務の後、2010年、フランス・パリのオークションハウス附属学校 Drouot Formation にて、アンティーク・ディーラーコースを修了、同年フランス国立骨董組合およびドルーオー・ホールディングス認定のディプロマを取得。20年に渡るフランス滞在を経て日本帰国後は、西洋装飾美術・アンティークの普及に努める一方、外国政府公認文化機関、大学オープンカレッジ、カルチャーサロン、カルチャーセンター等で美術史やアンティークに関する講座を開き、西洋装飾美術の日本での普及を目指している。駒沢女子大学非常勤講師。

大浜千尋:早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、翻訳者に。主な翻訳書に『世界の美しい猫101』『世界の美しい犬101』『ABOVE THE WORLD─ドローンから見た世界』(小社刊)などがある。
other sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample imageother sample image
back